抜歯の必要がある歯

歯型

抜歯する必要がある歯とは

歯医者が、「C1」や「C2」などと言うのを徳島の歯科で歯の検診をしたことがある方なら聞いたことがあると思います。これは歯がどのような状態なのかを表す記号のようなものです。歯の状態が「C4」になると抜歯する必要があります。C4になると歯根まで虫歯が進んでいる状態ですので、抜歯する必要があります。また「P4」と呼ばれる状態の歯も抜歯する必要があります。P4になると歯の骨の大部分が失ってしまっている状態で歯がグラグラ動いてしまっている状態です。かなりの痛みがあり噛むことができませんので、歯を残すことができません。早い内に歯を抜く必要があります。また、根っこが割れてしまっていたり親知らずが原因で歯ぐきが腫れてしまっている場合も抜歯が必要になります。

抜歯した後の治療

抜歯した後には様々な治療を施します。その治療の一つにインプラント治療があります。このインプラント治療は、抜歯した後の部分の顎の骨に人工の歯を固定する治療法です。神戸市北区に在住で、歯医者にインプラント治療を依頼する方が増えてきています。歯の抜けた部分にだけ施術をするため負担が軽減されますし、何より痛みがほとんどありません。しかしながら、保険適用外の場合が多いので注意が必要です。自分自身の予算内に収まる費用で治療ができる医院を探すことが大切です。その他に歯を移植する治療法があります。移植する方法は、自身の歯の中で親知らずなど、不要な歯を抜歯した部分に移植するという方法です。自身の歯を使用するため拒絶反応はありません。

[PR]

インプラント治療が京都で受けれる♪
失った歯を取り戻そう! インプラント治療は大阪で受けよう♪
専門クリニックならコチラ! 審美歯科を大阪で受けよう
白くてキレイな歯をGET☆ インプラント治療医院の口コミを大公開☆
最良のクリニックを探そう♪ 大阪で矯正歯科治療を受けよう
キレイな歯並びをGET♪

早めに歯の検診を受けよう

虫歯にならないように歯磨きなどの歯のケアを毎日することが大切です。また、自分が実施している歯のケアが正しい方法なのか、歯科医師へ相談するのもおすすめです。新宿方面の歯科へ歯の検診をする方が多くなっていますので、手遅れにならないうちに歯の検診を受けておきましょう。

[PR]

広告募集中